JUFA 全日本大学サッカー連盟

デンソーカップ
『DENSO CUP SOCCER 第19回大学日韓(韓日)定期戦』にて、お客様にご入場いただける会場の上限人数について
2022/06/23
 6月25日(土)に開催される『DENSO CUP SOCCER 第19回大学日韓(韓日)定期戦』にて、お客様にご入場いただける会場の上限人数をお知らせいたします。
なお、会場の上限数はあくまで「一般のお客様の上限数」です。関係者(メディア・スカウト・部員等)は含まれておりません。


レモンガススタジアム平塚


上限人数 1000人

チケット販売開始時間  15:30

入場開始時間  16:00

入場口 中央ゲート

駐車場 

(有料駐車場の詳細については以下URLをご覧ください。)

https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/koen/page-c_00837.html


募金実施

募金実施場所 中央ゲート

(募金の詳細については以下URLをご覧ください。)

https://www.jufa.jp/news/news.php?kn=1273







チケットについては、当日券のみ販売いたします。
詳細については以下URLをご覧ください。
https://www.jufa.jp/news/news.php?kn=1265


ご来場にあたり、同意書をご提出いただきます。

 詳細に関しましては、以下URLをご覧ください。

『【ご案内】ご来場にあたってのお知らせ』
https://www.jufa.jp/news/news.php?nowpg=11&kn=1279

『新型コロナウイルス感染陽性・濃厚接触者指定を受けたご観戦者へのお願い』
https://www.jufa.jp/news/news.php?nowpg=11&kn=1280



レモンガススタジアム平塚での試合においては、以下の感染拡大防止のチェックリストにしたがって大会運営を行います。詳しくは資料をご確認ください。



1. ファン・サポーターへの事前のご案内

(1) 無理な来場は、勇気を持って、見合わせてください

・体調が良くない場合 (例:発熱、咳、喉の痛み、だるさ、味覚嗅覚の異常などの症状がある場合)

・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合

・過去 14 日以内に政府あら入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合


(2) 入場ゲートで体温を測定し、37.5 度以上の場合は入場できませんので、予めご了承ください


(3) 会場では不織布マスクを着用してください


(4) 会場での不織布マスク配布はございませんので、各自ご準備ください


(5) 会場では、社会的距離(できるだけ2m、最低1m)を確保するようにしてください (入退場時、トイレの列など)


(6) 手洗い、手指消毒をこまめに行うようにしてください


(7) 観戦時は、決められた観戦エリアから移動することを禁止します。また原則として一度着席した座席(立 見席・芝生席等含む)から移動することを禁止します


(8) 会場の外でも、社会的距離(できるだけ2m、最低1m)を確保することはもとより、大声での発声、 歌唱や声援、密集等の感染リスクのある行動を回避してください



2.応援スタイルについて

厚生労働省の HP では、新型コロナウイルスの感染経路について下記のように説明されています。

 ・飛沫感染
 ・接触感染

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、応援部員・ファン・サポーターのみなさまには引き続き、上記につながる行為もしくはそのリスクがある行為をお控え頂きますようご理解とご協力をお願いいたします。

本年度より、弊連盟主催大会の新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン変更に伴い、一部の応援行為が容認されました。


(1) 容認される行為は以下の通りです

  容認理由:飛沫感染、接触感染、密を作る恐れがないため

・横断幕掲出 ※掲出の際に密にならないよう十分配慮してください

・拍手・手拍子 (声を出す応援が助長される行為となる場合には、禁止にする場合があります)

・タオルマフラー・ゲートフラッグなどを掲げる

・太鼓、応援ハリセン等、自席で叩ける鳴り物の使用は、試合会場が容認する場合に限り認める。但しメガホンの使用は除く。また、試合会場備品を叩く行為は厳に慎む

・ 大旗を含むフラッグを振る


(2) 禁止される行為は以下の通りです

・声を出す応援 (禁止理由:飛沫感染につながるため)

  例:指笛・チャント・ブーイング

  例:トラメガ・メガホン・トランペットなど道具・楽器を使うことも当面不可


・人と接触する応援 (禁止理由:接触感染につながるため)

  例:ハイタッチ・肩組みなど


・「密」を作る応援 (禁止理由:飛沫感染・接触感染のリスクが高くなるため)

・タオルマフラーを振る、もしくは回す (禁止理由:接触するリスクあり、タオルが飛沫等で汚染され飛散するリスクがあるため)

facebook
フットボールナビ キリンビバレッジ株式会社 エスオーユーホールディングス ワールドクリエーション 菅清工業株式会社 athome 日本知的障がい者サッカー連盟 東京都知的障がい者サッカー連盟 東京都知的障がい者サッカー連盟