JUFA 全日本大学サッカー連盟

デンソーカップ
『第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会』1回戦マッチレポート
2019/03/02


 3月1日(金)、『第33回デンソーカップチャレンジカップ 堺大会』(デンチャレ)が開幕した。



全日本大学選抜 3(1-0)1 関西選抜



 本大会のオープニングゲームとなった全日本選抜と関西選抜の一戦は、静かな立ち上がりとなった。全日本選抜がサイドを起点に攻めていくのに対し、関西選抜は中央をしっかりと固めて対応。すると19分、全日本選抜は関西選抜からボールを奪うと素早く17番・森下龍矢が左サイドからドリブルで仕掛けてクロスを上げる。それに11番・上田綺世が頭で合わせ、全日本選抜が先制する。
 全日本選抜は後半に入ると関西選抜の守備をたびたび抜け出し58分には15番・高嶺朋樹がドリブルでボール運び、そのまま豪快なミドルシュート。これは関西選抜のGK、1番・田中勘太にはじかれるもののそこに詰めていた11番・上田が押し込んで追加点を挙げる。
試合はその後膠着状態となるが、80分に関西選抜がペナルティーエリア近くでフリーキックを獲得。このチャンスに7番・山本悠樹が直接キックを決めてスコアは2-1に。1点差に詰めるが、次の1点を奪いとったのは、全日本選抜のほうだった。アディショナルタイムに突入した90+2分、右サイドからの15番・高嶺のフリーキックを、途中出場の22番・武田太一が頭で合わせ試合を決定づける3点目。大会の開幕を告げる試合は、全日本選抜が関西選抜に勝利し、準決勝へとコマを進めた。





北海道・東北選抜 1(0-3)3 関西選抜A




 北海道・東北選抜と関東選抜Aとの一戦は、試合序盤から球際で激しい攻防を見せるインテンシティーの高い展開となった。すると関東選抜Aは開始早々の6分、14番・金子拓郎がハイラインで守る相手の裏のスペースを上手くついてゴールを決め、幸先よく先制する。しかし、その後も関東選抜Aは攻撃の手を緩めない。19分には14番・金子がペナルティーキックを獲得。これを自身で決めて追加点。さらに25分には、7番・加藤陸次樹がディフェンスラインの背後に抜け出してゴールを決め、関東Aは大量3点のリードで試合に折り返すことに成功する。一方、防戦一方となった北海道・東北選抜にとっては苦しい立ち上がりとなった。
 後半に入っても、関東選抜Aの安定した守備の前に、北海道・東北選抜はなかなか決定機を作ることができない。一方の関東選抜Aは、ボランチからの長短のパスを織り交ぜたゲームメイクや前線の選手の個人技を活かした攻撃など、バリエーション豊かな攻撃で相手に的を絞らせない。北海道・東北選抜はアディショナルタイムの90+1分に8番・岩渕弘人の得点で一矢報いたものの、反撃はここまで。試合巧者ぶりを見せつけた関東選抜Aが危なげなく初戦を突破した。





九州選抜 2(0-0)0 東海選抜



 互いにシンプルなロングボールで背後を狙う立ち上がりとなった、九州選抜対東海選抜の対戦。九州選抜はサイドを中心に攻撃を仕掛けるが、なかなかシュートまで持ち込めない。一方の東海選抜は9番・東家聡樹の2列目からの飛び出しでチャンスを作り始める。東海選抜が30分過ぎに背後への抜け出しからビッグチャンス。一方の九州選抜は、40分にサイドの崩しからラストは10番・梅田魁人がシュートを放つがこれはポストを直撃。互いにチャンスを作りながらも、決定打を決めきれずに前半を終了する。
 スコアが動いたのは後半開始直後だった。48分、九州選抜はコーナーキックを獲得。キッカー8番・大熊健太の浮き球のキックに9番・梅木翼が頭で合わせ、九州選抜が先制点を決める。その後も九州選抜はコーナーキックから流れを作り、64分には15番・濵上征也のクロスを10番・梅田がヘディングシュートで叩き込み、九州選抜が追加点を挙げる。東海選抜はメンバー交代からフォーメーションを変更。なんとか流れを変えようとするが、ミスが目立ち苦しい展開が続いた。終了間際にはミドルシュートを放つなどして局面の打開を図るが、決めきれずに試合終了。2-0で九州選抜が勝利を収めた。




中国・四国選抜 1(0-1)2 関東B・北信越選抜



 中国・四国選抜と関東B・北信越選抜の一戦は、ともにロングボール多用。セカンドボールの素早い回収などで、攻守の切り替えはやい展開が続いた。試合が動いたのは前半終了間際の44分。関東B・北信越選抜がフリーキックを獲得すると、このチャンスに4番・住吉ジェラニレショーンがシュートを放つ。一度は中国・四国選抜GK、1番・佐々木将太に防がれるものの、4番・住吉が自ら押し込んで先制点を挙げた。
 後半に入ると、関東B・北信越選抜が猛攻を仕掛けるが、得点にはつながらない。すると56分、中国・四国選抜は16番・直江勇輝が上げたクロスを、9番・浜田鷹人が頭で合わせ同点に追いつく。しかし試合の主導権は依然関東B・北信越選抜が握ったまま。両者得点の入らないまま時間が過ぎ、規定のより延長戦なしのペナルティーキック戦に突入するかと思われた。しかしアディショナルタイムに突入した90分+3分、関東B・北信越選抜はコーナーキックのチャンスを獲得。キッカーは、途中出場の11番・佐藤亮。11番・佐藤が蹴ったキックは、そのままゴールへと吸い込まれ、ついに関東B・北信越選抜が勝ち越し点をあげる。試合はほどなくして終了し、劇的なゴールを挙げた関東B・北信越選抜が勝利を収めた。

facebook
フットボールナビ キリンビバレッジ株式会社 athome VELOX 協和発酵 日本知的障がい者サッカー連盟 東京都知的障がい者サッカー連盟 東京都知的障がい者サッカー連盟